忍者ブログ
作る話とかいろんな好きなこととかいろいろ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




今日、初めて首都高から東京タワーを見ました。

0CA3F0057.JPG

















0CA3F0058.JPG


















0CA3F0059.JPG


















0CA3F0060.JPG

















携帯カメラしかなかったんでちょっと画像荒いけど
久々に東京タワーに行きたくなった。
大晦日にでも行こうかな。
そして来年の目標を立てる。
あれもしたい、これも造りたい、来年も欲張りに。
PR



昨夜、作業ほっぽり出して編集した東京タワー。
次は周りを一周しようかな! 

 ちょっと重いです済みません 。
リンク先、画像クリックで再生します。

東京タワーを越したし、そろそろスカイツリーでも見に行こうかな。




いつもの鉄塔です。
昨日は晴れていたので
撮りまくりました。
この鉄塔だけで随分と写真が溜まってます。
「笹目橋の鉄塔」でCD一枚焼けるかも。

この鉄塔、道路挟んで水道局の浄水場があって
敷地内には桜が植わっている。
「咲いたら、一緒に写真に収めよう」と思っていたのに
やれ雨だの、やれ風だの、悪天候続き。
やっと昨日、撮れた。

001.JPG








昨日は久々に足元まで行って、いっぱい撮った。
昨日の逆行写真は、数十メートルほど笹目橋を歩いたところで
足元は写らないけれど、大空へにょっきりと伸びる姿を拝める。

そして今回、侵入防止の金網にべったりくっついて撮ったこれ

002.JPG








これは…エロい……。

ちなみにここです。
google map - 〒175-0091 東京都板橋区三園2丁目12−4
すぐ横にコンビニがあるので
缶コーヒーとか飲みながらゆったり見れます。




デジカメデータをPCに取り込んだら、東京タワー枚数が凄い事になっててビビッタ。
GIF動画用の画像が40枚程あって、順序がズレてるから整理が面倒臭い。
色々オーダーも準備も作業もあるのにパソコン使ったら動けなくなる…。
気付いたら動画見てたりするし。
「大掃除中に出てきた雑誌」と同等の要注意事項。

東京タワー。




電波塔や鉄塔の赤白の塗り分けは航空法で定められているもので
昼間障害標識」というものだそうだ。
航空法の制定が昭和27年との事なので
この年以降に立てられた鉄塔は赤と白。
それ以前に建てられたものはグレーで、渋くてカッコイイ。
この赤、赤にしては淡いというか朱色っぽいのは、赤じゃないから。
「インターナショナルオレンジ」という、これも航空法で定められた色。



確かに、赤っていうか薄い…でもオレンジっていうには濃い?

プラスチックの模型じゃなく、同じ素材で同じ塗料で
ミニチュア・東京タワーってないのかな…。
2メートルくらいで。




どうやってみてもカッコイイぜ、タワー…。

ノッポンのブログもリンクしておこう。
と会いたい。
 
整理つけつつアップしていこう。
 





先日鉄塔写真集の話を書いたけれど、「そういえば」と思い出した事がある。
北海道の札幌には「テレビ塔」という電波塔がある。
札幌駅から駅前通りを道なりに大通公園に入ると、嫌でも目に入る。
札幌市民会館の目の前、吹奏楽部の大会の帰りに
テレビ塔の前で車を待った覚えがある。

思春期真っ只中の中・高校生には大不評で
「だせぇ」「なまらだせぇ」をされている中で
俺は一度上ってみたいと友達に言ったら、変な顔された('A`)
部活部活で時間を使い、札幌に行く時は何かの用事で
結局1回しか上った覚えがない。
(しかも部活の何かの用事の途中で)

 

いやその前に…何かあったな……と考えていたら、思い出した。
北海道百年記念塔
札幌市の外れ、家からはこの塔のある野幌森林公園が近い。
子供の頃から何度も自転車漕いで森林公園に遊びに行った。
森と池と沼と原っぱしかなくて、楽しい。
ザリガニ捕りに行って、よくヒルに食いつかれた。(ザリガニ取れず)

野幌森林公園には「北海道開拓記念館」や「北海道開拓の村」があって
施設の周りは広く芝生になっており、休日は家族連れで賑わっていた。
噴水とかあって、エキノコックスが広がる前はよく泳いだ。

開拓記念館は博物館好きには堪らない施設で
開拓史に関する博物館かと思って入ったらいきなり驚く。
ナウマン象の骨格標本から始まり、野生動物の標本から
解剖標本まである。
保存状態の悪い、アルコール気化しまくりだった熊の脳髄の標本
もう破棄されただろうか。

開拓の村は一度しか行った事はないけれど
周りの人からは「何も無いよ」とよく言われた。
でも行ったら楽しいぞ!
開拓時の町並み(村並み?)を再現しているだけなんだけれど
他に店も無いし遊技場も無いし何もないんだけれど
自分も村人になった気がして、わくわくした。
ご先祖様、拓いてくれて、ありがとう。

小学校低学年の時に家族でピクニックに行って百年記念塔を見た時
「きっとここが地の果てだ…」と思った。
「地の果てだから、トンボが逆立ちして埋まってるんだ」と。(リンク先参照)
地球は星で太陽の周りを回っていると知っていたのか覚えてないけれど
地の果ては滝になっていて地面を象が支えていてその下に亀がいて…
それを考えて怖くなった事を覚えているので
もしかしたらそれはこの頃かも知れない。
途中までしか上った事がないので、一度上まで上ってみたい。

 

高校の修学旅行で大坂に行った時には、通天閣を見た。
テレビでは見た事あったが、実物が早く見たかったのに(おのぼりさん)
ガイドさんが「しょぼいです」的な事を言って
でも実際に見て、一部生徒は本気で感動「すげぇ!通天!」
上りたかった…キッチキチで旅行計画立てるんじゃねぇよ修学旅行!

 

卒業後は稚内に行ったが、あそこにも塔があった。
稚内市開基百年記念塔
中には「北方記念館」があって、稚内開拓史や当時の資料が見られる。
規模は小さいし地元の人には大概不人気だけれど
強烈な海風で塔は揺れまくるし、稚内含む北海道北部史を学べるし
楽しい。
とにかく揺れる。
かなり怖い。
ちょっとチビる。

 

東京タワーはここ数年行ってないけれど、本当に楽しい。
塔自体も「東京」と冠するだけあって凛々しくそびえ立ち
昼も夜もカッコイイ。
塔の王様、何で「The 東京タワー」じゃないんだろう。
なんだったら「東京タワーさん」でもいいくらい。
さかなクンさんみたいな。
特別展望台は流石別料金を取るだけあるし
ルックダウンも金玉キューってなって楽しい上に
フットタウンの各種施設~蝋人形館、トリックアート、変なゲーセン~も
投げっ放し感たっぷりで実に楽しい。
…って今サイトみたら、トリックアートは無くなったのか。
でもギネスナントカとかノッポンスクウェアとか出来ている。
行かねば!
っていうかサイト重過ぎ。
あとノッポンに一度も会った事ない会いたい。
父上がテレビでテレビでモスラを見ていた時、多分3歳とか
東京タワーに絡まる繭を見た時は、もう日本は駄目だと思った。
3歳でそこまで考える事は出来ないが、そのくらいの衝撃。
雪祭りの怪獣(多分ラドンとか)の目が赤く光るのを見て泣きじゃくり
今でも母に冷やかされるくらい純粋な子供だった。
子供の頃の記憶は幾つかしか思い出せないが
怪獣関係は妙に鮮明に覚えている。

 

さて東京の塔といえば地デジ移行から随分遅れて竣工の東京スカイツリー
気取った名前付けやがって、完成時は634メートルなんて
早 く 見 た い 上 り た い !
現在でも205メートルと、東京タワーの2/3まで来ている。
土台も太く、完成が愉しみ。
マスコットキャラはどんなゆるキャラが出来るんだろう。
というかスカイツリーの存在意義はかなり薄いと思うので
鉄塔好きを喜ばす存在として、悠々と空を仰いでそびえて欲しい。

 

他に、実は今の家から程近い場所に素敵な電波塔がある事をさっき知った。
スカイタワー西東京
住所が「西東京市芝久保町」と、どこだそれは?となったけれど
アクセスマップを見ると西武新宿線花小金井駅から徒歩20分
新青梅街道からスグ。
あれ俺これ見た事あるわ
「あそこ行きてぇ!」って思いながら原チャ乗ったわと思い出しながら
塔と併設されている多摩六都科学館も気になって仕方が無い。
というか、科学館行きたい( ´∀`)
館内展示も然る事ながら、屋外展示にはボイジャーが!
ボイジャーといえばゴールデンレコードといえばSETIといえば宇宙人。
科学とオカルトが交わるところ。
ベントラーベントラーでもリンゴ送れ、Cでもなく、立派な科学的探索。
これもひとつの「SFが予言した未来」に含まれ…て欲しい。
1号も2号も太陽圏外に出て数年。
拾ってくれる知的生命体はいつ現れるんだろうか。

閑話休題。
新青梅街道を田無へ…というと、うちから原付で十数分。
ちょっと、行ってみよう。

ところでSETI、電波発信や物品を送るのはActive SETI
またはMETIというと、今wikiで知った。
元々SFやオカルティックな興味で始まった計画ではなく
「全宇宙の中で、知的生命体が存在するのは地球だけなのか否か」という
哲学的命題への科学的回答を求める活動、それがSETI。
はてさて。

「ミステリーサークルは宇宙人の仕業」という事で
宇宙人は図形文字としてミステリーサークルを描き
それを人類は地球上の建造物…鉄塔やビル等で返答する
そういうマンガを随分昔に読んだ気がするけれど、違うかもしれない。

ともかく、心を掴んで離さない鉄塔や電波塔。
住めるものなら住みたい

ここまでだらだらと書き足して書き足して数時間
適当に合間を見て書いてきたが
つまるところ

どっか出掛けたいって事。

なんとなく暇潰しに書いていたら、中々時間が潰れた。
あー何処でもいい、塔に上りたい。





遠征&体調不良で暫く工房休んでいて
明日久々に工房だ!
アレとコレとナニとソレとやって…とか考えながら
気ままにインターネットを楽しんでいて
いつもの巡回先サイトを覗いていたら…

一冊80万円の超美麗「図書館写真集」が凄い

数日前に別のところで記事は読んだんだが
写真が載っていて、見入ってしまった。
こういうのはもう駄目だ、吸い込まれそうになる。
どこだか判らない奥の方から震えが来る。
人間ってこういうものも創れるのか。

 

80万円って…ギャース!



写真集と言えば鉄塔の写真集もあって
こちらは¥1680とかなりのお手頃価格。
どうしましょう買っちゃおうかしら!
近所のセブンイレブンで受け取れるから注文しようかと思ったけれど
本屋で見付けて手に入れるのが嬉しい性質なので
出先で見付けたら買おう。
電車でチラ見しながらわくわくを押し殺し
喫茶店でクール装って読んだり
帰宅してニヤニヤ全開で読みたい。
 
そいえばこの鉄塔写真の方のブログ、暫く更新してないけれど…。

僕も撮っている鉄塔の詳細は記録しておこうかな。
何号線だとか、何処そこの近くだとか。



いろいろ作ってます。

いろいろ書きます。

やる気はあります。
出店予定

更新中…


Admin    Write
[ 最新コメント ]
[01/26 Jimmieon]
[03/05 わきやま]
[03/05 平和の煮込み]
[02/24 ホージー]
忍者ブログ [PR]