忍者ブログ
作る話とかいろんな好きなこととかいろいろ。
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




先日、根付ストラップを造っていた時。
今までより若干薄めにし、丸カンが通り易くした。
1mm弱薄くしただけで(といっても元が3mm程度だけど)
見た目で受ける印象は随分変わって
「小物らしい軽さになったな」と、暢気に作業をしていた。

傷が取れていないものが半数近くあり、まずはその傷を取らねば。
紙やすりを置き左手を添え、根付は右手で押さえ付けるようにし、やする。
やすって出る木の粉を吸い込み、くしゃみ。
鬱陶しくも作業が進んでいる実感。
少し粗目ので傷を取り、細かい目のやすりに替え表面を整える。

「あの番号のやすりはどこかな」「このやすりをかけたら、仕上げは目の前」
愉しい時間は歩みが早い、あっという間に刻は過ぎ。
仕上げの前段階の、細かい目のやすりをかけていた。
残りは数匹。
気を抜かずみんなキレイにしてやるぞ。

と、そこで気付いた。
右手の下、手の影になっていた所に変な染みがある。
機械油?でも今日は工具に油注していないし、何だろう。
まあいいや、残りは少し、やっちまえ。
でも待てよ、嫌な予感がしています。

 

掌を返してみると、死角になっていた部分に、血。
しかし少しも痛くない。
どこを切った?傷になるような作業してないし?

とりあえず傷の位置を確認しなければと、紅い染みを拭き取ると
中指の先から血が出ていた。

手を洗いまじまじと傷を見てみると、指先の皮が無い。
どうやらやすってしまったようだ。
また、表面の綺麗な仕上がりから、細かい目のやすりだろう。

ものを薄くした分、押さえがギリギリで指がやすりに触れてしまったか。
でも全く、痛くない。
とりあえず絆創膏で止血して、作業を進めよう。

 

残りの傷を取り、ワックスをかけ磨きながら
「ナメクジの口は細かいやすり状になっていて、削って食べるんだっけ」
でも紙やすりよりももっと細かいから、表面綺麗になるのかな。

ならないか、ベタベタか。

PR


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろいろ作ってます。

いろいろ書きます。

やる気はあります。
出店予定

更新中…


Admin    Write
[ 最新コメント ]
[01/26 Jimmieon]
[03/05 わきやま]
[03/05 平和の煮込み]
[02/24 ホージー]
忍者ブログ [PR]