忍者ブログ
作る話とかいろんな好きなこととかいろいろ。
[135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




昨日の品川手づくり市。
品川富士に登ってきた。

品川富士

富士山を神格化し奉っている富士信仰。
江戸時代、富士山が遠方故行きたくても簡単には行けず
「でも富士山拝みたい!」と作られた富士塚。
富士山の山開きに合わせて富士塚も山開き。
富士信仰といえば浅間神社 ∴富士塚=浅間神社。

富士信仰は古くは室町時代から始まったと知ったのは今だけれど
江戸時代の資料本を読むと大体上記の事が書いてある。
富士山と浅間山は同じ神様というのも今知った。

【富士信仰者=富士講】
富士山拝むぜ!
  ↓
富士山行くぜ!

だったのが一般に広がり、一般人も富士山に旅に出る。
でもそんな簡単な事じゃなかった訳で

【一般人】
富士山拝むぜ!
  ↓
遠いぜ!
  ↓
じゃあ近くに富士山作ろうぜ!
  ↓
登ったら富士見えるし、作った富士も富士だし
奉ればいんじゃねえですかい?
おうお前さんいい事言うねぇ
これでうちのかかあの富士詣に付き合わなくて済むってもんだ

…と、これだと長屋の住人ぽいけれど
流れはそう間違ってもいない訳で。
「遠いから近くに作る」江戸時代の人々のバイタリティはスゲェ。
江戸幕府の人心掌握術と言ってしまえば乾くけれど
時代特有の文化のひとつだったのは確かだろう。
良くも悪くも信仰心はあった時代。

調べたら、重要有形民俗文化財入りしている富士塚は関東に数箇所あるけれど
そこは立ち入り出来ない(文化財だから)。
もっと調べたら、都内の富士塚一覧があった。
ううむ、行ってみたい。

さて品川富士。

レインボーブリッジ

レインボーブリッジが見える。

猿田彦神社

浅間神社の他、猿田彦神社も。

本物の富士山には五合目までしか行った事ないけれど(しかも車で)
ここの富士は登頂成功。
 

高い処は気持ちがイイな!
煙と同じで高い処好きか!
品川富士より

そういえば、富士の浅間神社に行ったなぁ…。
ミクシのどこかに画像上げてた覚えが…。
PR


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろいろ作ってます。

いろいろ書きます。

やる気はあります。
出店予定

更新中…


Admin    Write
[ 最新コメント ]
[01/26 Jimmieon]
[03/05 わきやま]
[03/05 平和の煮込み]
[02/24 ホージー]
忍者ブログ [PR]