忍者ブログ
作る話とかいろんな好きなこととかいろいろ。
[63]  [62]  [61]  [60]  [56]  [59]  [58]  [57]  [55]  [54]  [52

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




面白い記事を見付けた。

あなたも「天才」になれる? 10000 時間積み上げの法則

読み、なるほどねぇ…と頷いた。
頷きながら、高校時代の部活動を思い出した。
「一日吹かないと、3日戻る」
そう言われ練習していた楽器。
まぁ吹奏楽だけではなく他の体を使う事は全般的にそうなんだけど
1日休むと取り戻すのに3日掛かる。
休むことのメリットも勿論ありまくるけれど。

結局はやはり「続ける事」なのだ。
ただ、「ただ続ける」のではなく
ボディビルダーが「ビルドアップ後の自分」をイメージして
毎日トレーニングするのと同じように
『それが出来ている自分』をイメージして続ける事
そういうものも重要なんじゃないか。
『そうなっている自分』をイメージするのとしないのとで
結果が違う話は色々と聞いたり読んだりするが
科学的にどうであれそういうものを目標として続けている方が
モチベーションも上がるし、少しの上達でもワクワクしてくる。

伝統工芸の職人さんなぞは、指先の感覚がハンパない。
天才だと思う。
でも例えばあの能力が「昨日公園で見かけた小学生が持っている」なら
腰を抜かして「てててんさいじゃあああ!」となるだろう。
現実は何十年もの積み重ねの経験によって
ああいうとんでもない事が出来る様になっている。

当たり前なのだ。
そりゃ誰だって、同じ事を続けていれば、上達する。

当たり前じゃない事は
「何年も何十年も、『成る』まで続けている事」
それだけ。
モチベーションを保ち、諦めず、かつ油断無く進み続ける難しさ。

なりたい自分があるし、造りたいものも一向に減らないし
将来もそこへ向かう道も愉しみだ!

職人の道は貧乏との闘いだったりするけれど
貧乏ヒマ無しだったりするけれど
愉しみなものは仕方が無いやね。

この記事のコメントで語学の話が出ているけれど、語学も確かにそうだと思う。
語学って確かに勉強するけれど、実際は「カラダで覚える」もの。
運動と違って見えない脳を動かす事だから勘違いするけれど
「慣れ」だったり「習慣」だったり
そういうものを吸収(脳の学習)して言葉が喋れるようになる。

英語は脳育!

最近、やっと英語の勉強を始めた。
友達の娘ちゃん(中3)と「英検受けよう!一緒に受かろう!」と
二人で何だかんだやっている。
先日見付けた本で、英語の絵本や映画、インタビュー、
「英語音声」しか入っていないCD付きの本を見付けた。
副業の往復で、毎日聞いている。
ある程度の語彙がないと単語の判別は出来ないけれど
そこはそれ、母国語と同じ。
「知らない言葉は聞き違える」だけで、後から確認。

聞くだけではなく、聞きながら繰り返すと良いそうだがついつい聞いてしまう。
児童書の朗読の後ろで鳴っている曲が良くて。

ファゴットのソロ曲なんて!
ダブルリード楽器はイイなぁ!

兎も角、絵本の朗読は聞き易いし内容もカワイイし
オススメです。

〓 〓 〓 〓 〓

グリムスくんも継続してこそ育つってもんだねぇ。
キーワードは反映されないけれども。
エコアクション…。

PR


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろいろ作ってます。

いろいろ書きます。

やる気はあります。
出店予定

更新中…


Admin    Write
[ 最新コメント ]
[01/26 Jimmieon]
[03/05 わきやま]
[03/05 平和の煮込み]
[02/24 ホージー]
忍者ブログ [PR]