忍者ブログ
作る話とかいろんな好きなこととかいろいろ。
[443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




実年齢の半分以下の中高生とかと話す機会が多く
「現実に就きたい将来の夢」の話とかするけれど
これ系の事は何だか定期的に書いている気もするけれど
面白いもの見つけたので久々に考えてみる。

ねたミシュラン - ちょっとキツイけど禿げのありがたいお言葉
 

この「禿げ」とはネットスラングで「御大」と呼ばれる
超有名アニメ監督の富野由悠季氏。
ガンダムの人。
まぁ、とんでもない話ばかり出てくる人でもある。
右下にちょっとだけ顔出てるw

話をしていて将来就きたい仕事の話になったら
「職人にはなるな!」「自分に娘が出来たら『職人には惚れるな!』と言う」
と人に言っている。
職人だけじゃなく、アニメーターや声優やマンガ家とかになりたいって子にも
「食ってけないから止めれ」「憧れだけじゃ成れない」「辛い人生選ぶことない」
と言う。
人生食い潰しているおっちゃんから言われて、大概苛つかれるw

この記事内の監督の言葉は
創作活動をしている人殆ど全ての想いではないか…とも思った。
特にハゲ頭写ってるあたりの「必死さ、切実さ」の部分。
というか監督はとんでもない事ばかりなので、余計に重い言葉に聞こえる…。

金のために就く仕事じゃない事を自分で知って欲しいし
就けば何とかなって稼げるようになるには
それとは違う能力がとても必要という事も、知って欲しい。

 

「好きな事は仕事にならない」というのは、ある意味真実で
必死にそれを追い求めてると嫌な事がどんどん見えてきて
(金が入らないとか、金のために造るとか、満足した出来じゃなくても金入るとか)
(頑張っても自分の成長が見えないとか、満足してないものが売れるとか)
(世間大部分から実は舐められている仕事だとか、腕も舐められてるとか)
でもそこを突き抜けて「好き」と言うのはとっても大変だ。

自分に合う・合わないもあるしねぇ。
なんにしろ、努力無しに成る仕事なんか無い。
 

PR


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろいろ作ってます。

いろいろ書きます。

やる気はあります。
出店予定

更新中…


Admin    Write
[ 最新コメント ]
[01/26 Jimmieon]
[03/05 わきやま]
[03/05 平和の煮込み]
[02/24 ホージー]
忍者ブログ [PR]