忍者ブログ
作る話とかいろんな好きなこととかいろいろ。
[1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




考えさせられる。

発声練習 - 死ぬまでに身につけたい技術:他のものを貶めないで褒める

「Aという素晴らしいものを見つけた」
「この感動を共有したい」
「Aを褒める時、Bと比較する」
「Bが好みの人には愉快な話じゃない」

・・・

なるほど、と思う。
思う反面、AとBの優劣「だけ」を判断材料にするからでは?
とも思ってしまう。
「ラーメンよりハンバーグの方が旨い!」
って考えるとシンプルになり過ぎてちょっと逆に混乱した。
でも根っこはラーメンかハンバーグかと同じか。

みんな誰とも共有していない自分だけの「ものさし」をいっぱい持っていて
人によって「ものさし」の数は全然違って
全然違うのに誰とも共有出来ていないから
感動を伝えられないばかりか小さな誤解を生む。

逆に、他のものと比べられない経験の感動はどう伝えるのか。

小学生の時、家族や親戚みんなで千歳空港に行った。
そこで生まれて初めてのブルーインパルスの演技を見た。
あの時に感じた、ただただ「すごいッ!」ってだけの感動は、上手く伝えられない。
大人になって入間基地でブルーインパルスを見た。
子供の頃と同じ、ただただ「すごいッ!」ってだけの感動があって
その上に素晴らしい技術への賞賛が重なって複雑な想いが生まれた。
両方凄いもので、優劣はないし、優劣を付ける気は毛頭無い。

ここまで書いて思ったけど
「比較して感動を伝える」事は、一番簡単な方法なんだな。
手の届きやすい「ものさし」だから、使ってしまうってだけ。

百聞は一見にしかず
     ↓
現物を見せれば早い
     ↓
現物を見せるのが難しい
     ↓
     ↓ ← A
     ↓
別のものと比較して「あれよりすげえんだぜ!」って言う

「A」のところには、もっといっぱい選択肢がある訳で
その選択肢の幅というか引き出しを準備しないでいるのは良くない。

「AもすげえけどBもすごくて、どっちもすごい!」
って言いたい。

どのメタルバンドが凄いとかアレだとか言うのって不毛よねって事で。

好みとか感情とか話す相手の嗜好とか話し方とか
細かい要素がいっぱいあるから「手間だな…」ってなる訳で
伝えたいのは「優れている」ってことじゃなく
『私は猛烈に感動したッッッ!』ってことだから
TEDでスタンディングオベーションを受けられるような
素晴らしい話し手になりたいって事で締め。
PR


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


▼無題
拍手!
なるほど・・そんな考えありですね!
ホージー 2013/02/24(Sun)【08:01】 編集
いろいろ作ってます。

いろいろ書きます。

やる気はあります。
出店予定

更新中…


Admin    Write
[ 最新コメント ]
[01/26 Jimmieon]
[03/05 わきやま]
[03/05 平和の煮込み]
[02/24 ホージー]
忍者ブログ [PR]